ホーム > 教育 > 研修者向け情報

研修者向け情報

連続レクチャー

年間のレクチャーを通じて、児童精神医学の全体像がみえます。また、こころの発達診療部やこころの発達医学分野の活動内容を全体像のなかでの位置づけることができます。
平成25年度は原則として毎月第1火曜日の午後4時~5時にこころの発達診療部にて行います。
現時点での講義予定は以下の通りです。

日にち テーマ 講師(敬称略)
5月7日(火) こどもの初回面接からケースフォーミュレーション 金生
6月4日(火) 心理検査・評価尺度 川久保
7月2日(火) チャイルドライフの概念 田中
8月6日(火) 注意欠如・多動性障害 石井
9月3日(火) 広汎性発達障害 桑原
10月1日(火) チック障害および小児強迫性障害 金生
11月5日(火) 心理社会的治療 川久保
12月3日(火) 薬物療法 桑原
1月14日(火)
1月21日(火)
てんかん・脳波 小児科神経班医師
2月 日程調整中 発達障害の脳画像研究 山末
3月 日程調整中 発達障害の遺伝子研究 調整中

研修医/研修生の受入

初期研修医や精神神経科の後期研修医、東京大学大学院教育学研究科臨床心理コースの大学院生の実習先となって、毎年数名ずつ受け入れています。
http://npsy.umin.jp/child_psychiatrist.html

医学生卒前教育

駒場(1-2年)
学生
医学に接する
M2(4年)
系統講義
卒後の臨床研修やプライマリケアにおいて必須な精神医学の知識を身につけてもらう
M3(5年)
臨床実習
発達障害や小児の精神疾患患者の外来実習や自閉症スペクトラム障害の幼児を対象とした少人数の集団療育への参加。
M1-M2 
フリークオーター
国際的な基準な基準に基づく診断や症状評価、神経心理学検査、脳画像検査、遺伝学的研究手法に触れることができます。